インサイドセールス

FAXDMは高反応率&低コスト!FAXが新規開拓営業に強い理由

宣伝効果が高く、低コストなFAXDMについてご存じでしょうか?

営業活動をしていて、メールアドレスの入手が困難だったり、メールDMを読んでもらえなかったり、テレアポでも成果が挙げられない。まだコネクションがない新規顧客の開拓には、FAXDMが高い効果を発揮します。

この記事では、FAXDMの概要、メリット・デメリット、FAXDM送信後にすべきことについて紹介します。

FAXDMとは

FAXDMとは、ファックスでチラシやニュースレターなどのダイレクトメールを送ることです。ファックス番号さえわかれば、ターゲット企業に一斉にダイレクトメールが送れます。

葉書や封筒などで送るよりも、1件あたりのコストが安く、費用対効果の高い広告手段です。

FAXDMといっても特別なものではなく、メールのように文章を書いてファックスを送るだけです。一度に何千件ものファックスを送るため、FAXDM配信サービスを利用することが一般的です。

FAXDMのメリット

merit

FAXDMには他のメディアにない、さまざまなメリットがあります。具体的にみていきましょう。

一度に多くの企業に配信できる

FAXDMの特徴は一度に多くの企業に配信できることです。宛先が企業の場合、ファックス番号はネットなどの情報で簡単に入手できます。このファックス番号のリストを管理しておけば、いつでも必要なときにFAXDMを送れます。

目に留まりやすい

封書のダイレクトメールは、まず開封してもらえるかが最初の難関です。企業の担当宛てに届くメールも数が多く、目に留まるものは少ないかもしれません。

FAXDMであれば、基本的にファックスが紙として出力されるので、必ず誰かの目に留まります。封書のダイレクトメールのように開封されることもなく、捨てられることはないわけです。

実際に手に取って、自社に必要な情報か不要な情報か判断してもらうことと、中身を見ずに捨てられることには大きな差があります。

コストが安い

FAXDMは、1通あたり数円という低コストで配信ができ、他のメディアを使う広告費に比べて圧倒的に安価です。

封書や葉書は切手などの送料の他、チラシの印刷費用・ラベル貼り・封入などの工程ごとにコストが発生します。そのため、どうしても1通あたりのコストが高くなりがちです。

リスティング広告を使う企業も増えていますが、人気のあるキーワードは1クリックあたりの単価が高くなっています。

1通あたり数円というFAXDMのコストは、圧倒的に安いのです。

人件費を削減できる

基本的に営業は、人が企業を訪問するものです。従来の営業方法では、商品やサービスに興味がない企業にも商品説明などの営業をしていました。このため、営業に多くの人員を割いていました。

FAXDMでは、まずは不特定多数の企業に向けて一斉配信を行います。そのなかで反響のあった企業に対してのみアプローチを行うため、効率のよい営業が可能です。移動費や人件費を大幅にカットできるでしょう。

FAXDMのデメリット

demerit

FAXDMには、ファックスならではのデメリットがあります。詳しくみていきましょう。

クレームが発生する

FAXDMの場合、クレームが発生することは比較的よくあります。クレームが発生したら、クレーム対策をしっかりと行いましょう。

個人情報保護の観点から、一般に公開されている企業のファックスにFAXDMを送ること自体に問題はありません。しかし、相手側のファックスの紙やトナーを使っていることに留意が必要です。この紙やトナーの問題からクレームが発生することもあります。

また、配信停止の方法を明記することと、「配信を停止してほしい」という連絡には速やかに対応し、配信リストから削除するようにしましょう。

デザインは白黒のみになる

ファックスはその仕様上、白黒しか出力できません。また、どうしても粗く印刷されてしまいます。FAXDMはその白黒の中で、かつできるだけシンプルにデザインしなければならない制約があります。

少ないアプローチでは成果が低い

FAXDMの反響率は一般的には0.1~0.3%程度です。もちろん、扱う商品・デザイン・配信タイミングなどさまざまな要素で変化します。FAXDMで確実に成果を得ようと思えば、送信するFAXDMの件数を増やす必要があります。 

FAXDM送信後にすべきこと

fax-dm-4

FAXDM送信後は、フォローコールをすると効果的です。FAXDMにおけるフォローコールとは、FAXDMの到着確認などです。

この到着確認から担当者のメールアドレスを取得したり、そのまま商談につながったりすることもあります。ここでは、FAXDM送信後のフォローコールについて紹介します。

フォローコールの目的

フォローコールの一番の目的は、FAXDMの到着確認です。もし、未達であれば再度FAXDMを送るだけでなく、電話でその企業とのつながりを作れます。また、「先ほどお送りした資料の件ですが……」と話せば、受付ブロックされる確率も下がります。

フォローコールで期待できる効果

FAXDMとフォローコールを組み合わせることで、アポイント率の向上が期待できます。また、フォローコールで伺った先方の感想で、FAXDMの改善点もわかります。

フォローコールのポイント

FAXDMを大量に送信した後では、フォローコールに対応できるスタッフにも限りがあり、対応できないことも考えられます。フォローコールをする場合は、FAXDMを送るタイミングや送る量を考えましょう。また事前に、トークスクリプトを用意しておくと効果的です。

おすすめのFAXDM配信サービス

おすすめのFAXDM配信サービスの特徴を紹介します。

NetFax

NetFaxは、aDsFactory株式会社が運営しています。2005年からサービスを開始しており、累計3万社以上の利用実績があります。

NetFaxは、インターネットに接続されたパソコンから、24時間いつでも自社が保有するリスト宛てにFAXDMを一斉送信できるサービスです。原稿ファイル(PDF形式)とリストファイル(テキスト形式・CSV形式)があれば、一度に最大2万件までのFAXDMを送信できます。

また、会員登録をした当日から利用できることも特徴です。

参考:https://www.netfax.jp/

NEXLINK

NEXLINKは、株式会社ネクスウェイが提供するFAXDM配信サービスです。NEXLINKでは、インターネット環境がなくても、手元のファックスからFAXDMを一斉配信できます。そのため、初期投資の必要がなく、手元のファックスに無償貸与されるアダプターを接続するだけでFAXDMが送れます。

1回の操作につき、最大3万件のFAXDMを送信でき、通常1時間程度で送信が完了。また、自動で送り先の名前を印字したり、話中で送信できなかった相手をチェックしたりする機能や自動再送信、FAXDMをグルーピングして送り分ける機能があります。

サービス開始から30年以上という実績も安心できます。

参考:https://faxdm.nexway.co.jp/

faxREACH

faxREACHを展開するOpen Text Corporationは、カナダ・オンタリオ州に本社をおくグローバル企業で、日本法人を設立しています。

faxREACHの特徴は安定した送信能力で、1度に数万件から数十万件のFAXDMを送信可能です。また、宛先ごとに完了時間・リトライ時間・不達理由がレポートとして得られます。

また、FAXDM送信サービスの機能として、送信停止リスト・差し込み印字などの機能も備えています。

参考:https://xpe-opentext.jp/service/fax/

FAXDM.mobi

FAXDM.mobiは、株式会社ファーストストラテジーが提供するFAXDM配信サービスです。

特徴としては、反響率アップをサポートする体制があり、FAXDMの原稿に対するアドバイスが受けられます。また、FAXDM用の法人ファックスデータ300万件を利用できることもポイントです。

Web完結型のシステムで、原稿はPDF形式でアップロードします。送信リストは同社の法人ファックスデータを使う他、自社で用意したものも使用可能です。その場合、送信リストをCSV形式で作成します。

参考:https://faxdm.mobi/

まとめ

FAXDMのメリットは、一斉に多くの企業にダイレクトメールを送信できることです。

とくに新規開拓営業の場合、ニーズがあるかわからない企業へ、営業パーソンが訪問・商品説明することになります。しかし、FAXDMを使えばダイレクトメールを一斉に送信して、反応があった企業に営業する方法がとれます。

ファックスDMの反響率は0.1~0.3%程度といわれています。そのため、確実に成果を得たいのであれば、FAXDMの送信件数を増やす必要があります。

FAXDM配信サービスを使うと手間なく、一斉配信をすることができます。それぞれ特徴のあるサービスを提供しているので、自社のニーズに合うFAXDM配信サービスを選ぶのもポイントになります。

数ある新規開拓営業、BtoBマーケティングの手法のひとつとして検討してみましょう。

FAXDMに必要な企業リストなら「Akala List」

Akala List とは、リストの絞り込み条件を選ぶだけで、ニーズにマッチした企業を抽出できる「営業リスト作成ツール」です。

絞り込み条件を選ぶだけなので、最短30秒で営業リストが作成でき、さくっとダウンロード可能。CSVファイル形式なので、SFAやCRMにアップロードすることもできます。

もちろん、営業リストの鮮度精度にもこだわっています。

各企業のIR情報や官公庁の統計資料などの一般公開されている情報はもちろん、日本国内の500万を超える法人データを収集し、高い精度で連絡先のクレンジング・名寄せ処理を行っています。

定期的に更新しているため、鮮度と精度の高い営業リストが手に入るというものです。Akala List が、ムダのない営業活動をサポートします。

いまなら月額1万円でダウンロードし放題!無料トライアルも実施中!!

いまなら「営業リストが月1万円でダウンロードし放題」キャンペーンを実施中です。

月額1万円でダウンロード数無制限!(※必須契約期間3ヶ月) リリース直後のいまだけの特別プランをご用意しました。もちろん、無料トライアルで使い心地を試すこともできます。

▼詳しくはこちらから

毎月1万円で約500万社の営業リストがダウンロードし放題!

Akala Note編集部


BtoB事業の営業・マーケティング担当者が今知りたい情報のすべてをここに

TOP